英会話スキル定義(CEFR2)と 到達目安

■英会話上達の第一歩は、自分のレベルを知ることから!

 英会話のレベルを客観的に測るには、英検やTOEICなどが一般的には知られています。これらの有料試験などを受けなくても、自分の英語力を簡単に知る方法として、日本放送協会(NHK)の提唱するCEFRも利用されると良いでしょう。

 

超初心者に対応できる「CEFR2」

 CEFR の一番下の「A0レベル」は 「ごく簡単な表現を聞きとれて、基本的な語句で自分の名前や気持ちを伝えられる」という事です。 このレベルは、初心者とは言えませんね。 つまりCEFR では 「A0」に満たない初心者のレベルは街頭しません。

 そこで、Global Bridgeが、CEFRの「A0レベル」の下に、次の2つのレベルを定義してみました。 これを、CEFR2 と呼ぶことにしましょう。

   ・A-    : 英会話の前提として、英語の基礎的なルール、日常会話に必要な単語を習得している
   ・A-- : 学ぶためのマインドセットができていて、スタートラインに立てる

 

 < 英会話スキル定義(CEFR2) と 到達目安 >

レベル スキル定義 レッスン回数 必要期間
C2 ほぼすべての話題を容易に理解し、その内容を論理的に再構成して、ごく細かいニュアンスまで表現できる 168 3.5年
C1 広範で複雑な話題を理解して、目的に合った適切な言葉を使い、論理的な主張や議論を組み立てることができる 144 3年
B2 社会生活での幅広い話題について自然に会話ができ、明確かつ詳細に自分の意見を表現できる 120 2.5年
B1 社会生活での身近な話題について理解し、自分の意思とその理由を簡単に説明できる 96 2年
A2 日常生活での身近なことがらについて、簡単なやりとりができる 72 1.5年
A1 日常生活での基本的な表現を理解し、ごく簡単なやりとりができる 48 1年
A0 ごく簡単な表現を聞きとれて、基本的な語句で自分の名前や気持ちを伝えられる 36 9ケ月
A- 英会話の前提として、英語の基礎的なルールを習得している 24 6ケ月
A-- 学ぶためのメンタル面の準備ができ、スタートラインに立てる 12 3ケ月

 <注釈>

・NHKが提唱するCEFRに、超初心者のA-1,A-2レベルをGlobal Bridge が独自に定義

・『レッスン回数』は、マンツーマンの場合

・『必要期間』は、月4回レッスンを続ける場合

 

 

ご意見など.jpg

 

一覧コラム一覧へ.jpg

 

資料請求体験レッスン.jpg